記事にライティングテクニックって必要なの?反応がよくなる戦略的なWEBライティングとは

『記事を書く』際は、『ライティングテクニック』が重要です。なぜなら、『書き方』しだいで、『反応』や『成約率』が、目に見えて『変わる』からです

でも『ライティングって難しそう』『ライティングって本当に必要なの?』と、疑問を持っている人も、いるかと思います。

そこで今回は、『反応がよくなる戦略的なWEBライティング』について、分かりやすく説明していきます。

2つのライティングテクニック

『ライティングテクニック』は、記事の『反応』や『成約率』を高めるために、必須の『技術』です。ただ、『ライティングテクニック』には、2種類あります。

1つは、コピーライティング。『セールス文』などの、『商品を紹介』する時に使う書き方です。『アフィリエイト』をやっている人の多くは、『ライティング』と聞くと、こちらを思い浮かべると思います。

もう1つが、WEBライティング。これは、『ブログ』などの、『WEB文章』を最適化した書き方です。『紙の文章』と『WEB文章』では、書き方が違うため、『同じ書き方』だと、『よい反応』は得られません。

2つの『ライティングテクニック』は

  • コピーライティング ⇒ 商品紹介のための書き方・成約率アップ
  • WEBライティング   ⇒ ブログに最適な書き方・精読率アップ

『目的』も『方法』も、全く違います。

『アフィリエイト』は、『商品紹介』が目的のため、『コピーライティング』だけで、十分に思うかもしれません。しかし、『WEBライティング』は、『成約率』にも大きく関わっています

また、『WEBライティング』は、記事の『評価』や『精読率』など、『記事全体』にも、『影響』を与えているのです

そのため、まずは『WEBライティング』から、身につける必要があります。

読まれるためのWEBライティング

『コピーライティング』だけでは、『商品の成約』は中々できません。なぜなら、『WEBライティング』とセットで使わないと、『効果』が薄いからです

『商品紹介』は、いきなり『冒頭』では行いません。『前置き』や『説明』があり、『後半』になって、『セールス文』が出てくる。これは、『アフィリエイト』の基本です。

ただ、ここで1つの『問題』が発生します。『セールス文』は後半にあるため、『最後まで』読んでもらう必要があります。しかし、実際には、『後半』に行く前に、『途中離脱』されている場合が多いです

『ライティング』は

  • コピーライティング単体   ⇒ 途中離脱の可能性が高い
  • WEBライティングとセット ⇒ 最後まで読まれやすい

『読まれて』初めて、『真価』を発揮します。

商品が『成約しない』のは、『セールス文』に到着する前に、『離脱』されている場合が多いからです。いくら『コピーライティング』に力を入れても、『途中離脱』されては、全く意味がありません。

そのため、『最後まで』読んでもらう、『WEBライティング』のほうが、はるかに重要になります。読まれさえすれば、『セールス文』が下手でも、『成約』の可能性はあるからです

WEBライティングの必要性

『ブログの記事』には、『WEBライティング』が必須です。なぜなら、昔と違い、適当に『書く』だけでは、『読んでもらえない』からです

ただ、多くの人は、記事の『書き方』よりも、検索での『上位表示』に力を入れています。『上位表示』されれば、『訪問される』確率が上がるからです。

しかし、『訪問される』だけでは、意味がありません。なぜなら、『必要な情報』が書いてあっても、『途中離脱』する人が、かなり多いからです

『途中離脱』されるのは

  • 読み辛い
  • 分かり辛い
  • 読むのが面倒

これらの『原因』が考えられます。

『WEBライティング』を意識して書いていないのが、一番の『離脱の原因』です。ネット上には、星の数ほど『記事』があるため、『1つの記事』にこだわる必要はありません。気に入らなければ、すぐに『別の記事』に移動してしまいます

今の時代は、ただ『情報を提供』するだけでなく、『ユーザーの好む文章』を書かないと、読んでもらえません。その『ユーザーの好む文章』を書くのが、『WEBライティング』の目的なのです。

時代の変化による文章の変化

『時代の変化』とともに、『文章も変化』してきています。これは、使われる『媒体』や『コミュニケーション手段』が変わり、ユーザーの『意識』や『知識』も、『変化している』からです

多くの人は、『グーグル』や『アフィリエイト』の手法の変化にばかり、気を取られています。しかし、一番気にするべきは、『ユーザーの変化』です

『記事』を読んでいるのは、グーグルではなく、『ユーザー』たち。また、『過去のユーザー』ではなく、『現在のユーザー』です。そのため、『古い感覚』で書いていると、全く相手にされません

ただ、学校で教わるのは、『紙の文章』の書き方です。つまり、『古い書き方』で、『WEB文章』には向いていません。『ブログ記事』は、『紙の文章』と同じ書き方では『通用しない』のです。

『文章の媒体』によって

  • 紙の文章 ⇒ 長くて難解でも読む(仕事・勉強)
  • WEB文章  ⇒ 簡潔で簡単でないと読まない(趣味・暇つぶし)

『読む姿勢』が全く違います。

『仕事の書類』や『学習書』の場合は、どんなに長く難解でも、『義務』があるから、『真剣に読む』努力をします。つまり、『紙の文章』は、読む側が『努力する』のが、前提になっているのです。

しかし、『ネット』の場合は、『素早く』『簡単に』情報を得られるのが利点。さらに、『記事』には『義務』がないので、読む側が『努力をしない』のです

そのため、『努力』をしなくても、『見た瞬間』わかるぐらいの、『簡潔』で『簡単』な文章が必要です。特に、最近のユーザーは、『コミュニケーション手段』の変化により、『短文』ばかりを読んでいます。

SNS文化による理解度の変化

『ネット』の普及により、『コミュニケーション』に、『SNS』を利用する人が多くなりました。『スマホ』でも簡単に使え、会話よりも『楽』だからです。

若者たちの場合、『LINE』や『Twitter』で、『コミュニケーション』する人が多いです。もちろん、昔ながらの『メール』や『掲示板』を使う人もいます。

ただ、これらに『共通』しているのは、とても『簡潔な文章』を使っていることです。特に、『LINE』の場合は、一言で終わる『短文』がメインです。

『簡潔な文章』とは

  • 短文
  • 簡単な内容
  • 漢字が少ない
  • 難しい言葉がない

こういった内容です。

『簡潔な文章』には、文学性や専門性、知性も威厳もありません。『コミュニケーション』は、伝わりさえすれば、『余計な言葉』は必要ないからです

何の『飾り』も『無駄』もない、『普段使い』の言葉。それが、『簡潔な文章』です。分かりやすく言うと、『子供っぽい文章』のことです

『文章の書き方』には

  • 通常の文章 ⇒ 知性・品性・威厳のある文章(公式な文章)
  • 簡潔な文章 ⇒ 飾りが一切ない子供っぽい文章(普段使いの文章)

『2つの種類』があります。

『かっこよさ』はありませんが、『子供っぽい文章』のほうが、『分かりやすく』『伝わりやすい』です。『WEBライティング』は、『伝える』ことに特化しているため、『子供っぽい文章』でいいのです

『WEBライティング』と聞くと、『専門的』なテクニックに感じるかもしれません。しかし、実際には逆で、全ての『専門性』を取り払って、『簡潔な文章』にすることなのです

WEBライティングによる記事の最適化

『WEBライティング』によって、記事は『最適化』する必要があります。なぜなら、『WEBライティング』は、『SEO』『セールス文』『ユーザー対応』など、『全て』の部分に『影響』しているからです

ただ、『WEBライティング』は、『技術』というよりは、『周囲の状況』に合わせる『対応法』です。『機器の変化』や『ユーザーの変化』に合わせ、常に『対応』を変えなければなりません。

『周囲』に合わせられなければ、時代に『取り残される』だけ。そのため、『WEBライティング』で、『今の時代』に、『最適な書き方』が必要です。特に、『モバイル』への対応は、非常に重要です。

モバイルファースト

『モバイルファースト』の考え方は、今の時代には必須です。なぜなら、多くの人が、『モバイル』で記事を見ているからです

『モバイルファースト』とは、グーグルの方針の1つで、『モバイル』に、『最適なブログ』を作ること。『スマホ』が普及し始めたころから、ずっと言われ続けています。

現在は、『ネットユーザー』の6割以上が、『スマホ』を利用。10代に至っては、9割が『スマホ』でネットを使っています。

『ユーザーの割合が変化』したため

  • 旧時代 ⇒ PC利用者がメイン(モバイルは気にする必要なし)
  • 現在  ⇒ スマホ利用者がメイン(モバイルファーストが必須)

『モバイル対策』が必須なのです。

最近は『モバイル』を意識して、『ブログ』を作る人が増えました。しかし、『モバイル』に対応した『テンプレート』を使うのが、『モバイルファースト』だと、『勘違い』している人も多いです

いくら『テンプレート』が、『最適な大きさ』で表示されても、『記事の中身』が変わる訳ではありません。『モバイルファースト』とは、『記事』の書き方を、『モバイル』に合わせることです

『モバイルファースト』の対応は

  • テンプレート対応 ⇒ 読みやすさは変わらない
  • 書き方で対応   ⇒ スマホでも読みやすい文章

『書き方』を変えないと意味がありません。

『PC』と『モバイル』では、『記事の表示』が違います。これは、1行あたりの『文字数』が違うからです。特に、『スマホ』は表示される『文字数』が少なく、『PC』で見た時よりも、『行数』が多くなります

もし、『PC』で見て『長く』感じる文章の場合。『スマホ』だと、さらに『長く』なり、『読むのが困難』な文章になってしまいます。当然、こんな記事は、すぐに『離脱』されてしまいます。

そのため、常に『モバイル』を意識し、可能な限り『簡潔な文章』にする必要があるのです

コピーライティングとの併用

『コピーライティング』は、『成約率』を上げるため、『セールス文』を書く際にはとても重要です。しかし、『WEBライティング』を併用しないと、『逆効果』になる場合があります

なぜなら、『コピーライティング』を単体で使うと、『複雑』で『分かり辛い』文章になりやすいからです。『コピーライティング』を使っているのに、むしろ『成約率』が下がる。初心者が、よくやってしまう失敗です。

『コピーライティング』の歴史は古く、元々は『紙の文章』や『紙の広告』に使うテクニックでした。『古い書き方』のため、『ブログ記事』で使うことは『想定』されていません

『ライティングテクニック』は

  • コピーライティング ⇒ 紙の文章を想定(古い書き方)
  • WEBライティング   ⇒ WEB文章を想定(新しい書き方)

『作られた時代』によって、『想定する媒体』が違います。

そのため『コピーライティング』は、そのまま使おうとすると、『伝わらない文章』になりやすいです。今の時代は『セールス文』も、『分かりやすさ』と『簡潔さ』が必要です。

実際には、『コピーライティング』を使わなくても、『簡潔』で『分かりやすい』文章なら、普通に『商品の成約』ができます

もちろん、『コピーライティング』を使ったほうが、『成約率』は上がります。しかし、文章の内容が、『伝わる』ことが前提です。そのため、『WEBライティング』とセットで使うことが必須です

戦略的なWEBライティング

『WEBライティング』は、『戦略的』に行うことが重要です。『適当』にやっていても、『簡潔な文章』は書けないからです

『他の戦略』と同様に、まずは『ルール作り』が必要になります。事前に『ルール』を作り、毎回『ルール』に沿って書くことが大切です

『WEBライティング』では

  • 漢字のルール
  • 表現のルール
  • 専門用語のルール

事前にこれらの『ルール』を決めておきます。

特に、『漢字のルール』はとても重要になります。『WEBライティング』の基本は、『ひらがな』主体の、『分かりやすい』文章を書くことだからです

これは、先ほどお話しした、SNSの『コミュニケーション』で使われるのも、『ひらがな』主体の文章だからです。『漢字』は、最小限しか使われていません。

『WEBライティング』では、できる限り『漢字』を減らすことが重要です。『漢字』が多いほど、『精読率』が下がり、『離脱率』は上がるからです。これは、最近の『ユーザーの変化』も影響しています。

読解力と知識量の変化

『ネット世代』は、『漢字』が読めない人が多いです。『ネット』が無かったころは、『紙の本』しか調べる手段がなく、『読み書き』のために、沢山の『漢字』を覚えていました。

しかし、今は一発で『漢字に変換』したり、ネットで『検索』すれば、何でもすぐに分かります。そのため、『覚えている』量が少なく、『読める漢字』も限られています

『情報源の変化』により

  • アナログ世代 ⇒ 調べるのが大変 ⇒ 多くの言葉を覚えていた
  • ネット世代  ⇒ 調べるのが簡単 ⇒ 覚える必要なし

『知識量』や『学習量』も変わってきました。

もし、『読めない漢字』が出てきた場合、『調べて』まで読もうとする人は少ないです。通常は、『読み飛ばす』か『離脱』します。記事は『義務』がないため、『努力』してまで、『読む』必要はないからです

また、『難しい表現』や『専門用語』なども、同様です。分からなければ、より『分かりやすい』記事を探しに、すぐに『別ブログ』に移動します

つまり、『WEBライティング』とは、『漢字』はもちろん、様々な『言葉』を制限し、『限られた表現』だけで書く方法です

『WEBライティング』では

  • 漢字
  • 専門用語
  • 難しい言葉
  • 分かりづらい表現

これらを極力『使わず』に、文章を書きます。

ただ、『簡潔な文章』を書こうとすると、『制限』が非常に多くなります。そのため、明確な『ルール』を作っておかないと、上手く書くことはできません。

ユーザーの変化に合わせたWEBライティング

『WEBライティング』は、『ユーザーの変化』に合わせた書き方です。そのため、今後も『ユーザー』が変わるたびに、『書き方』を変えて、『対応する』必要があります

『今のユーザー』は、昔と比べ、言葉の『知識量』や『読む力』は、確実に落ちています。その上、『面倒』なことや『努力』を嫌い、『忍耐力』もありません。

『今のユーザー』に必要なのは

  • 見た瞬間に分かる
  • 努力しないでも読める
  • 忍耐力を必要としない

このような文章です。

『活字離れ』が年々加速し、『識字率』の低下まで心配されています。そう考えると、今後もユーザーの『読解力』は下がる可能性が高く、その『変化』に合わせ、『書き方』も変える必要が出てきます

昔は、『読む側』が必死に『努力』をしていました。しかし、今は『読む側』が努力をしないため、『書く側』の努力が必要です

ただ、『WEBライティング』は

  • 短文
  • 読みやすい
  • 分かりやすい

今後も『基本』は変わりません。

『WEBライティング』は、『技術』というよりは、ユーザーへの『対応力』や『配慮』です。ユーザーに『合わせた』書き方を、心がけるようにしてください。