アフィリエイトを戦略的にやるにはどうすればいいの?戦略を使いこなすの4つのステップと戦術との違いについて

『戦略的』にアフィリエイトを行うと、『収入』や『アクセス』が安定します。なぜなら、最初から、『安定した運営』ができるよう、『計算して』作っているからです

でも『戦略の使い方がよく分からない』『何から始めればいいの?』と、疑問に思う人もいるかもしれません。

そこで今回は、『戦略を使う4つのステップと戦術との違い』について、分かりやすく説明していきます。

戦略と戦術の違い

戦略と戦術の違いとは

『戦略』と『戦術』は、全くの別物です。なぜなら、両方とも『別の段階』で行うものだからです。ただ、『戦略』に関する質問では、両方を『混同』している人が結構います。

『戦略』と『戦術』は

  • 戦略 ⇒ 実行前の計画・準備:全体の管理
  • 戦術 ⇒ 実行後の調整・対応:部分的な管理

実行する『タイミング』も『管理の範囲』も全く違います。

『戦略』とは本来、『戦に勝つ』ための、武器・兵力・食料・策略など、『全体』の計画や準備を、『事前』に行うこと。一度、戦が始まってしまうと、『準備』は出来ません。戦を始めたあとは、『戦術』で対応するしかないのです。

これは、『アフィリエイト』でも同じこと。『ブログの運営』を始めたあとは、『状況』に合わせ、『戦術で対応』するだけです

なので、よくある質問の『運営中のブログにどう戦略を使うんですか?』は、大きな勘違い。『運営開始』のあとでは、大きな『方向修正』も『準備』もできないからです

なお、『戦略を用意』したかどうかで

  • 戦略なし ⇒ 100%アドリブで行動(戦術のみ)
  • 戦略あり ⇒ 全て戦略通りに行動

『開始後の行動』が変わります。

『戦略』は、『事前準備』のため、『あと付け』はできません。だからこそ、実行する前に、『全体図』をよく考えて計算し、『全てを準備』しておく必要があるのです。

戦術の正しい使い方

戦術の正しい使い方

『戦略』は、『計画』や『準備』を、全て事前に行いますが、実践時には『戦術』も必要になります。なぜなら、実践中に『ズレの調整』が必要だからです。『予測』がズレていたり、実践で『ミス』をすることも有るからです。

『戦術の使い方』は

  • 無戦略 ⇒ 不測の事態が起こるたび大きく修正(アドリブ)
  • 戦略的 ⇒ 実践時の小さなズレを微調整(戦略に沿った調整)

『戦略』の有無で違います。

『無戦略』でやる場合、『予測』が全く付かないため、『起こった事態』に応じ、その都度『アドリブ対応』になります。常に『後手後手』に回るので、『戦術』が活かしきれません。

一方、『戦略』がある場合、予測に沿った『微調整』だけ。軽く舵を取るだけで、『大きな修正』はありません。『戦術』は、より『良い方向』に進むために使います

『戦術』が活きるかは

  • 受けの戦術 ⇒ 不測の事態への対処・トラブルの巻き返し(無戦略)
  • 攻めの戦術 ⇒ 想定の範囲内の対応・最良のルートに調整(戦略的)

『戦略』しだいです。

『戦略』は、あくまで『予測』なので、『100%当たる』訳ではありません。また、実践中に、より『効率のよい』方法を見つけ、『ルートの調整』をする場合もあります。

そのため、『戦略』と『戦術』は、セットで使う必要があります。ただ、『想定の範囲内』で調整するのが、戦術の『正しい使い方』です

全てを想定の範囲内に収める

戦略の基本は全てを想定の範囲内に収めること

『戦略の目的』は、全てを『想定の範囲内』に収めること。なぜなら、『想定の範囲内』であれば、事前に決めた『戦略で対応』できるため、『作業効率』も『結果』も安定するからです

また、『物事の実行』には、『失敗』や『不慮の事故』は付きものです。ただ、それらの『トラブル』自体も、『戦略』に組み込んでおけば、『想定の範囲内』のため、結果に『大きな影響』は出ません

『想定の範囲内』に収まるかどうかで

  • 想定の範囲外 ⇒ 場当たり的な対応・結果が安定しない
  • 想定の範囲内 ⇒ 戦略に沿った対応・結果が安定する

『対応』のしかたも、『結果』も変わってきます。

戦略に『全体の管理』が必要なのは、全てを『想定の範囲内』に収めるため。もし、『部分的な管理』をすると、『想定の範囲外』の事態が発生するからです

戦略は、『全体を計算』して管理するため、『面倒』に感じるかもしれません。しかし、実際には、『計算通り』行動したほうが、『少ない労力』で済むため楽になります

『必要な労力』は

  • 範囲内 ⇒ 事前に決まった方法で毎回同じことを行う・最小限の労力
  • 範囲外 ⇒ その場で対処法を考え毎回違うことを行う・労力が大きい

『想定内』かどうかで、大きく違います。

『想定の範囲外』は、やむなく対処するもので、極力ない方がいいです。その都度『対処法』を考えるのは、『無駄な労力』が多く、精神的にも『大きな負担』が掛かるからです

逆に、全てが『想定の範囲内』であれば、『作業』『結果』『精神面』の、全てが安定します。あらかじめ『分かっている』ことであれば、『不安』は一切なく、『簡単』に対処できるからです

つまり、『戦略』を使う一番の目的は、『全体を計算』し、全てを『想定の範囲内』に収めることなのです

戦略を使いこなす4つのステップ

戦略を使いこなす4つのステップ

『戦略』を使いこなすには、『複数のステップ』が必要です。なぜなら、『戦略』を使うには、『順番に実行』することが重要だからです

『戦略』と聞くと、『考える』ことだと思う人もいます。しかし、『考える』と『実行』は、常に『セット』になっています。つまり、『考える』だけでは、『戦略』は成立しません。

また、『戦術』は目の前の1つを考えるのに対し、『戦略』は全体を考えます。そのため、『広い視野』に加え、『複数の方法』を組み合わせる必要があります

『戦略を使いこなす』には

  1. 分析 ⇒ 情報を探し分析する
  2. 計算 ⇒ やり方や手順を考える
  3. 計画 ⇒ 実行の予定を立てる
  4. 実行 ⇒ 戦略を実践し再現する

この『4つのステップ』が必要です。

スタート時に重要な分析力

スタート時に重要な分析力

『戦略的』に行う際は、スタート時の『分析力』が重要になります。なぜなら、『情報を分析』しないと、『正しい計算』ができないからです

『やり方』(ノウハウ)を、いきなり求める人も多いですが、『戦略的』にやる場合は、『分析』をした結果、『やり方』を決めて行きます

『スタート時』しだいで

  • いきなりやり方を決めて実行 ⇒ 非戦略的な行動
  • 分析してやり方を決める   ⇒ 戦略的な行動

『戦略的な行動』になるかが決まります。

どんなビジネスも、まずは『市場調査』(リサーチ)を行い、『需要』(ニーズ)を知ることからスタート。その『需要』に合わせ、『ターゲット』や『商品』を選ぶのが基本です。これは、『アフィリエイト』でも全く同じこと。

『戦略的なアフィリエイト』は

  1. リサーチを行う
  2. 様々なターゲットを見つける
  3. ターゲットの欲している商品を見つける
  4. 商品の詳細や評判を調べる
  5. 最終的に1つの最良の商品を選び出す

『リサーチ』と『分析』からスタートします。

『アフィリエイト』は、商品ではなく『情報を扱う』仕事です。そのため、『リサーチ』で情報を集め、『分析する力』が全て。『よい商品』を見つけるのも、『的確なターゲット』に紹介するのも、『分析力』しだいです。

『需要のない商品』を紹介したり、『的外れのターゲット』に紹介しても、『成約』はできません。そのため、『スタート時』に、十分な『リサーチ』と『分析』をすることが大切です

なお、『最初の分析』で間違えると、あとの行動の『全てを間違える』ことになります。また、『分析』をせずに、いきなり『やり方』を決めると、結果は『運しだい』になってしまいます。

やり方と進むべき道を決める計算力

やり方と進むべき道を決める計算力

『戦略的』に行動するには、『計算力』が重要です。なぜなら、得た情報を『分析』したあと、『やり方』や『進むべき道』を、『計算して』決める必要があるからです。この『計算の結果』によって、『戦略の形』が決まります。

『分析した情報を計算』することで

  • 使用する媒体
  • 紹介すべき商品
  • 記事を書くターゲット
  • 実行の際のルールや手順(ノウハウ)

『戦略』が形作られます。

『難しそう』に感じるかもしれませんが、しっかりと『リサーチ』し、『情報分析』していれば、自然に『やり方』は見えて来るものです

また、最初から『完璧な戦略』を作る必要はありません。ハヤテが今使っている『長期収入ブログ』の戦略も、『試行錯誤』(再計算)を繰り返し、『完成形』を作り上げました。なので、最初は『不完全』でも構いません。

『戦略を作る』際に重要なのは

  • ルールを決める
  • 再計算して微調整をする

『一定のルール』と、『再計算』を繰り返すことです。

『ルール』を決めずにやっていると、いつまで経っても『結果が安定』しないです。また、『再計算』せずに、『同じ方法』を繰り返すだけでは、永遠に『完成形』はできません

『計算』を繰り返すことで、『計算力』は成長し、『戦略の精度』が上がっていきます。そのため、何事も『計算してから』動くことが大切です。

戦略を実行するための計画力

戦略を実行するための計画力

『戦略』を実行するためには、『計画力』が必要です。なぜなら、『計画』しないと、上手く『実行できない』場合があるからです

『戦略』は、『全体を計算』してから行うため、『工程』が多くなります。中には、『複雑』な内容や、『面倒』な作業も含まれています。そのため、細かく『計画』して、確実に『実行できる』準備が必要です

『計画の段階』では

  • 実行の順番
  • 実行の予定(日時)
  • 実行のしかた(効率的な実行方法)

これらの『実行の準備』を決めて行きます。

『優れた戦略』を作っても、『計画』がないと、『実行できない』場合が多いです。また、他者から『戦略』(ノウハウ)を教わっても、『実行できない』人は、『計画』に問題があります。

どんな『戦略』にも、必ず『難しい』部分や、『面倒な』作業があります。この『難しい部分』を、確実に『実行する』ために、『計画』が必要なのです。

『計画する』ことで

  • 難しい部分 ⇒ 調査・練習・分割
  • 面倒な部分 ⇒ 簡略化・工夫

『難しい部分』をクリアしたり、『簡単に実行』できるようになります。

特に『最初』のうちは、『戦略』はあっても、『技術』が追い付かず、『実行できない』こともあります。その際は、調べて『勉強』したり、『練習』で実力を付けることが必要です。

また、『分割』すれば、難しくても『実行が可能』になります。『難しい工程』も、『複数回』に分ければ、『簡単』になるからです。『分割』するほど、『時間』は掛かりますが、無理に1回でやるより、『確実な方法』です。

天才的な『頭脳』や、人並外れた『行動力』がないと、いきなり『難しいこと』は出来ません。特に『初めて』やることの場合は、『事前の計画』が重要です。

戦略を実現するための実行力

戦略を実現するための実行力

『戦略の要』となるのが、『実行力』です。なぜなら、『実行』しないと、戦略は『実現できない』からです。そのため、『戦略の実現』には、『実行力』が必須になります。

『実行力』は

  • 確実に実行する(行動力)
  • 正確に実行する(再現力)

この『2つ』のことです。

実際には、『考える』よりも、『実行する』ほうが、はるかに『重要』になります。『実行』しないと、『結果』が分からないため、『分析』も『修正』も出来ないからです

よほど『精度の高い』戦略でない限り、1回で『完璧な結果』は得られません。そのため、『実行』と『修正』を繰り返し、『完成形』に近づけて行きます

『考える』ことも重要ですが

  • 考えるだけ ⇒ 机上の空論(戦略にはならない)
  • 考えて実行 ⇒ 戦略的行動(戦略の実現)

『実行』が伴って、初めて『戦略が実現』できます。

『戦略』を使いこなしている人ほど、高い『実行力』があります。なぜなら、『戦略の完成』には、何度も『実行』が必要なのを、『理解』しているからです

『机上の空論』で終わらせない為にも、考えた『戦略』は、必ず『実行する習慣』が大切です。戦略は『実行』してこそ、『実現』するのを忘れないでください。

アドリブから戦略的行動への切り替え

アドリブから戦略的行動への切り替え

『アドリブで行動』していた人は、『戦略的な行動』は、最初は『難しく』感じるかもしれません。なぜなら、今まで『考える習慣』がなかったからです

人は『性格』や『生活環境』により

  • 行動の習慣 ⇒ とりあえず行動する
  • 考える習慣 ⇒ とりあえず考える

どちらかの『習慣』を持っています。

『両方』あれば最高ですが、どちらかに『偏っている』場合が多いです。そのため、『持っていない』習慣を、少しずつ『身につける』必要があります。『戦略』は、『考える』と『行動』の、『両方が必要』だからです

実際には、『戦略』自体はそんなに難しくありません。ただ、『行動の習慣』か『考える習慣』の、どちらかが『欠けている』せいで、『戦略の実行』が難しくなっています

『両方の習慣』を持つには

  • 行動力のある人  ⇒ あらゆる行動の前に考える工程を入れる
  • 考える力のある人 ⇒ あらゆる考えをすぐに実行してみる

『今までにない』やり方を、『加える』必要があります。

『行動力』のある人は、何でも『実行できる』のが強み。ただし、『アドリブ』だと結果が安定せず、『無駄な労力』が発生しやすいです。なので、『労力』の割りには、『見返りが少ない』場合も多いです

『考える力』のある人は、何でも『予測できる』のが強み。しかし、『行動が少ない』と、『結果』を出すことも、『成長』もできません。そのため、『戦略』は持っていても、『実力を発揮』できない場合が多いです

『最終的』には、両方を『バランスよく』持つことが大切です。『足りない力』を身に付けながら、『戦略的な行動』に、少しずつ『切り替えて』行ってください。

最初は軽く考えることから

戦略は軽く考えることから始める

『戦略』は、いきなり『完全』なものを使う必要はありません。最初は、『部分的』でも、『不完全』でも大丈夫です。なぜなら、何事も『考えて行動』する、『習慣』が大切だからです

『最初のうち』は

  1. 軽く調べて考える(分析)
  2. やり方を考え工夫する(計算)
  3. 簡単な予定を考えてみる(計画)
  4. 考えた通りに実践してみる(実行)

『軽く考えて』から始めるだけ。

また、『4つ』全てをやらなくても、『1つ』でも考えてやれば OK です。『最終的に全て』を考えられればいいので、『最初は部分的』でも問題ありません。『1つ』が出来るようになれば、自然に『範囲が広がって』いきます。

『部分的』にやっている内は、『戦略』ではありません。しかし、『考える習慣』を身につけるのは、『戦略の下準備』として効果的です

『戦略の下準備』は

  • 軽く考える
  • 部分的に考える
  • 間違っていても構わない

『高い精度』は必要ありません。

今まで『アドリブ』でやっていた人が、『少し考える』だけでも、大変な『進歩』です。また、『間違って』いても問題ありません。最初は『考える習慣』を身につけるのが、『目的』だからです。

『考える習慣』が身につくと、だんだん『考える範囲』が広がり、『計算』や『計画』の精度も上がって行きます

この小さな『積み重ね』を続けていると、最終的に『全体が見えて』きます。その結果、『正しく計算』ができ、『戦略が完成』するのです。なので、最初は『軽く考える』ことから始めてみてください。

スタートからゴールまで考えるのが戦略

スタートからゴールまで考えるのが戦略

『戦略』とは、『スタート』から『ゴール』まで、『全体の道筋』を考えること。一見、難しそうですが、普段は誰もが、『無意識』に戦略を使っているのです

例えば、『通勤』や『通学』をする場合

  • 家を出る前の下準備
  • 家を出る時間の計画
  • 家を出た後バス停や駅までの最短ルートを選択
  • 交通機関の時間の把握とそれに合わせた行動計画
  • 目的の駅に着いたあと最短ルート選択と歩行スピードの計算

『スタート』から『ゴール』まで、『計算』『計画』をしっかりやっています。

『無意識』にやるから気付かないだけで、かなり『細かい計算』をしています。また、毎日、ほぼ『同じ手順』でやっているはずです。『計算』と『計画』を、『全体』に行っているので、『立派な戦略』です

もし、毎回『違うルート』を通ったり、時間を『計算しない』場合。『時間が掛かる』うえに、『無駄な労力』が多くなります。その『非効率な行動』を避けるため、自然に『戦略化』しているのです

また、『通い始め』のころより、『数ヶ月』経ってからのほうが、より『効率的に行動』できるようになります。これは、『回数』を重ねる度に、『戦略の精度』が上がっているからです

戦略は『回数を重ねる』ことで

  • より近道を見つける
  • より労力の少ない方法を見つける
  • より正確に計算し効率的な計画を立てる

より『高精度』になって行きます。

最初は『漠然』としていても、『回数を重ねる』と、全体が『よく見える』ようになってきます。『スタート』から『ゴール』まで、完全に『見える』ようになってからが、『戦略の本番』です。

戦略の精度を高める

戦略の精度を高める方法

『戦略』は、一度『作って終わり』ではありません。『大事』なのは、使い始めたあと、『精度を高めて』行くことです。なぜなら、『戦略の精度』が低いと、『予測通り』に事が進まないからです

『戦略の精度』で

  • 低精度 ⇒ 大きくズレる(大幅修正)⇒ 労力大・成功率低
  • 高精度 ⇒ ほぼ予測通り(微調整) ⇒ 労力小・成功率高

『労力』と『成功率』が決まります。

『実践』の際、『予測』が大きくズレると、『成功率』は格段に下がります。また、『大きな修正』が必要になると、『無駄な労力』が増えてしまうのです

ちなみに、『予測の精度』で最も重要なのは、『経験の量』です。『知識量』や『思考力』だけでは、『精度』は上がりません。

例えば、『料理を作る』際

  • 一度も作った経験がない  ⇒ 工程の予測が付かないためアドリブで作る
  • 何十回も作った経験がある ⇒ 全て予測がつくため事前に計算して作る

『経験の差』で作り方が変わります。

『経験』が全くないことの予測は、非常に『精度が低い』です。なぜなら、『スタート』から『ゴール』までが、『見えない』からです。また、『経験が少ない』ことも、『正確な予測』は困難です

そのため、『最初』のうちは、『実行』を繰り返し、『経験を積む』ことが大切。『最終的』に、戦略で『スマートに行動』するには、『泥臭い行動』から始める必要があるのです

『予測』には、『経験』が必須なため、『考える』だけでは上手く行きません。『精度の高い』戦略は、『多くの経験』に裏付けされたものなのです。

戦略の最終目標は安定性と効率化

戦略の最終目標は安定性と効率化

『戦略』は、『安定性』と『効率化』を実現するのが、『最終目標』です。なぜなら、毎回『安定した結果』が出て、なおかつ『簡単』なほうが楽だからです

『戦略の最終目標』は

  • 安定性 ⇒ 安定して結果が出る・ミスを減らす
  • 効率化 ⇒ 時間の短縮・労力の軽減

この『2つ』にあります。

『アドリブ』でやると、結果に『バラつき』があり安定しません。また、『同じミス』を、何度も『繰り返しやすい』です。

あと、『計算』や『計画』をしないでやると、『無駄が発生』し、『余計な時間』が掛かります。当然、『時間』が掛かるほど、『労力』も増えてしまいます

『戦略化』すると

  • 無戦略 ⇒ 最初は楽だけど後で苦労する
  • 戦略化 ⇒ 最初は大変だけど後で楽になる

『最初は大変』でも、『最終的には楽』になるのです。

『戦略』の目的は、平たく言えば、『できるだけ楽をして、よい結果を得る』こと。なので、『戦略が完成』すれば、『最初の苦労』に見合うだけの、『少ない労力』で、『よい結果』を得られるようになります

『アフィリエイト』はもちろん、何事も『戦略』を使うことで、『安定性』と『効率化』が増して行きます。少しずつでも、『戦略化』を進めてみてください。