アフィリエイトで紹介する商品ってどうやって選ぶの?戦略的な商品選択で長期的な安定収入を得る方法とは

商品選択の重要性

『アフィリエイト』では、『商品選択』が極めて重要です。なぜなら、商品の『選択』しだいで、『収入額』が大きく変わるからです

アフィリエイトの『収入』は

  • ブログの作り方
  • 記事の書き方
  • 商品の紹介のしかた
  • 商品の選び方

これらの『要素』で決まります。

『ブログの作り方』や『記事の書き方』でも、『収入』は変わりますが、最も『影響』が大きいのは『商品選択』です。商品を『選択』した時点で、どれぐらいの『収入』が得られるかが、ほぼ『決まっている』からです。

安定収入を得るための絶対原則

『安定収入』を得るには、『売れる商品』を紹介するのが『絶対原則』です。なぜなら、『売れる商品』の場合、『普通に紹介』するだけで『売れる』からです

逆に、『売れない商品』を紹介すると、全く『売れない』か、『労力』の割りには『収入』が少ないです。また、紹介に『ひねり』が必要だったり、『沢山の記事』が必要になります

ただ、慣れてくれば、『どんな商品』を紹介しても『売れる』ようになります。しかし、どの商品を『選択』したかで、その後の、『労力』も『収入額』も、大きく変わって来るのです

『商品選択』により

  • 売れる商品  ⇒ 普通に紹介するだけ(労力・小)
  • 売れない商品 ⇒ 沢山の記事が必要(労力・大)

『必要な労力』に大きな差が出ます。

『売れない商品』も、頑張れば売れますが、沢山の『記事』と、強めの『アピール』が必要なため、とても『大きな労力』が必要になります

なので、『最小限の労力』で収入を得たければ、『売れる商品』だけを紹介するのが、最も『効率的』な方法です

ただ、商品の『報酬額』だけを見て、『売れない商品』を選ぶ人が結構多いです。結果、なかなか『売れない』ため、後々『苦労』することになります。

『商品選択』に必要なのは、『報酬額』ではなく、『売れる要素』がどれだけ有るかです。『売れる要素』が多ければ多いほど、商品は『売れやすく』なるからです。

商品の売れる要素

『売れる要素』が多い商品ほど、『売れやすく』なります。なぜなら、購入者は、『売れる要素』を見極めたうえで、『購入』するかを『判断』しているからです

『売れる商品』とは

  • 高品質
  • 評判がよい
  • 知名度が高い
  • コスパが高い
  • メーカーの信頼度が高い
  • 他の商品にない特徴がある

これらの『売れる要素』を持った商品です。

『購入』を考えている人は、『売れる要素』をしっかり見ています。また、『ダメな商品』を購入してしまわないよう、物凄く真剣に選びます。なので、紹介する側も、『売れる要素』を見極め、真剣に『商品選択』しなければなりません。

商品は、『紹介のしかた』によっては、かなり『魅力的』に見せることができます。しかし、『無い』ものを、『有る』ようには見せられません

『商品紹介』では、商品が最初から持っている、『売れる要素』をアピールするだけです。そのため、どれだけ沢山の『売れる要素』を持っているかが、『商品選択』では、非常に『重要』になるのです。

正しい『商品選択』を知っている人は、『報酬額』だけでは絶対に選びません。なぜなら、『報酬額』よりも、『売れる要素』で選ぶほうが、『収入が多くなる』のを知っているからです

『報酬額』は

  • 高報酬・売れる要素が少ない ⇒ 低回転 ⇒ 収入が少ない
  • 低報酬・売れる要素が多い  ⇒ 高回転 ⇒ 収入が多い

必ずしも、『収入額』と比例する訳ではありません。

『安定収入』を得たければ、商品の『売れる要素』の見極めが重要です。報酬は『売れる』から発生するもので、『売れない』のであれば、いくら『報酬額』が高くても、『収入』は発生しないからです

なお、『戦略的』にブログ運営をする場合。特に、『長期収入ブログ』を作る場合は、『商品選択』の際に、『売れる要素』以外も見る必要があります。

戦略的な商品選択

『商品選択』は、『戦略的』に行うことが、とても重要です。なぜなら、『適当』に選択すると、『売れない商品』を選ぶ可能性が高く、収入が『安定しない』からです

『戦略的』に行うかどうかで

  • 戦略的に選ぶ ⇒ 売れる商品を選ぶ可能性が高い(収入が安定)
  • 適当に選ぶ  ⇒ 売れない商品を選ぶ可能性が高い(収入が不安定)

『売れる商品』を選ぶ確率は、大きく変わります。

『適当』に選んでも、運よく『売れる商品』を引く場合もあります。しかし、大抵の場合は、『売れない商品』を選んでしまうのです

なぜなら、『売れる商品』は、全体の『2、3割』程度。その中から、さらに『条件』を詳しく見て、厳しく『精査』すると、全体の『1割』程度になります

『売れる商品』は一握りなので、『適当』に選ぶと、『売れない商品』を引く確率のほうが、圧倒的に高くなります。『売れない商品』を選ぶ『リスク』を回避するのが、『戦略的』な商品選択なのです。

なお、『戦略的』な商品選択は、どの『タイミング』で行うかが重要です。

商品選択のタイミング

『商品選択』は、どの『タイミング』で行うかが重要です。なぜなら、選択の『タイミング』で、『選ぶ商品』も『記事の書き方』も、大きく変わるからです

商品選択の『タイミング』で

  • ブログ作成前に選択 ⇒ 商品に合わせて記事を設計(戦略的な商品選択)
  • ブログ完成後に選択 ⇒ 記事に合った商品を選ぶ(非戦略的な商品選択)

『全体の流れ』が変わってきます。

『戦略的』に選ぶと、ブログを作る前に、すでに『商品選択』が終わっています。商品を『選択』したうえで、『ターゲット』を選び、商品に『近い属性』の人を、ブログに集めるからです

商品に『近い属性』の人を集めたほうが、『成約率』は高まります。商品に『興味がある人』のほうが、『購入する確率』が高いからです。ただ、そのためには『計算』が必要で、『商品選択』の段階で、『人集め』は始まっています

『戦略的』な商品選択とは、先々の『経路』まで、全て『計算』して選ぶこと。商品は『選んで終わり』ではなく、そのあとの、ブログ設計や記事執筆、さらには、『商品が成約』するまでが、『1つの道』として繋がっているのです。

『戦略的』な商品選択とは

  • 集める属性を考慮
  • ブログの設計を考慮
  • 書く記事を考慮
  • 成約までの道筋を考慮

ブログ作成前に、『全てを考えて』選ぶことです。

対して、『非戦略的』な商品選択は、ブログを作成したあと、その時の『気分』で商品を選択します。『計算』しないほうが楽ですが、『適当』に選ぶと、商品と『合わない属性』の人が、集まってしまいます

『合わない属性』の人を集めると、商品が『売れる』かどうかは、完全に『運』しだい。そのため、『成約率』は、著しく『低下』します

また、商品選択の『タイミング』の違いで、『労働効率』も変わってきます。

商品選択と無駄な労働の多さ

『商品選択』のタイミングを間違えると、『労働効率』が著しく悪くなります。なぜなら、先を考えない『商品選択』をすると、『無駄な労働』が多くなるからです

『非戦略的』な商品選択は、選んだら終わり。そのため、全ての作業が『独立』し、『連携』が取れていないため、『無駄な労働』が多く発生してしまいます

『戦略的』かどうかで

  • 戦略的  ⇒ 全て計算・全て連携  ⇒ 無駄が少ない
  • 非戦略的 ⇒ 計算しない・全て単独 ⇒ 無駄が多い

『無駄の多さ』が違うのです。

『戦略的』な商品選択は、『成約率を高める』のが目的ですが、『無駄な労働』を減らす意図もあるのです

ただ、『無駄』をなくすためには、全てを事前に『計算』し、『ゴール地点』(成約)までの経路を、『事前に準備』しておく必要があります

『戦略的』にブログを作る場合は、一番『最初』に行うのが『商品選択』です。なぜなら、『商品』が決まっていないと、『事前準備』である、『ブログ設計』も『ターゲット選択』もできないからです

『売れる商品』を選ぶことも大切ですが、どの『タイミング』で商品を選ぶかも、重要になります。選ぶ『タイミング』で、その後の『成約率』も『労働効率』も、大きく変わるからです。

売れる要素と売れる期間

『戦略的』な商品選択では、『売れる要素』だけではなく、『売れる期間』も重要です。なぜなら、『売れる期間』が短いと、せっかく『時間』を掛けて『準備』しても、『収入』が、すぐに『無くなってしまう』からです

『商品』ごとに

  • 短期間だけ売れる商品
  • 長期的に売れる商品

『売れる期間』が違います。

『非戦略的』にブログを作る場合は、『売れる期間』を気にする必要はありません。マメに『更新』して、『紹介する商品』を常に変えればいいからです。

しかし、『戦略的』にブログを作る場合は、『売れる期間』が重要になります。『戦略的』に作ると、完成に『時間』が掛かるため、『準備』している間に、『売れなくなる』場合もあるからです

特に、『長期収入ブログ』を作る場合は、『長期間』売れる商品を選ぶのが『必須条件』です。ブログの完成後、『完全放置』するため、すぐに『売れなく』なっては、『運営』が成り立ちません

『長期収入ブログ』の場合は、最低でも『2年以上』は、売れる商品が必要です。翌年になり『売れなく』なっていては、『長期収入』にならないからです

『長期収入』の場合は

  • 売れる要素 + 長期間売れる

『2つの要素』が必要になります。

『アフィリエイト』の対象商品は多いですが、『2つの要素』を持ち合わせる商品は、ごく『一握り』です。逆に言えば、『売れない商品』や『短期間』しか売れない商品が、非常に多いのです

『売れる要素』だけで選んで、すぐに『売れなく』なった場合。『商品』を選び直したり、『記事』を書き直す、『無駄な労働』が発生してしまいます

そのため、『長期間』売れる商品を選ぶほうが、『労働の効率化』になります。『商品選択』の段階で、後々の『労働量』も決まっているのです。

『長期収入ブログ』を作る際は、事前の『商品選択』に、かなりの『時間』を掛けています。これは、『長期的な視野』で見て、『労働の効率化』と、長期間の『安定収入』を実現するためです

商品選択の効率化

『戦略的』な商品選択は、毎回『同じ方法』で選ぶことが大切です。なぜなら、『同じ方法』で選ぶほうが、『効率的』で『成約率』も安定するからです

逆に、毎回『違う方法』で選んだり、その時の『気分』で選択するのは、極めて『非効率』です。また、『選んだ商品』が売れなかった場合、『原因の検証』が、難しくなります

商品選択は毎回『同じ方法』で行わないと

  • 作業に時間が掛かる      ⇒ 作業効率が悪い
  • 売れ方にバラつきがある    ⇒ 成約率が不安定
  • 売れない原因がよく分からない ⇒ 改善ができない

『作業効率』以外にも問題が発生します。

ただ、『同じ方法』と言っても、『成約率』を見ながら、『微調整』をしていきます。『微調整』を重ね、最終的には、『高い成約率』を出せるようになるのが、『戦略的』な商品選択のメリットです

ただし、『戦略的』な商品選択をするためには、『ルール』を作る必要があります。

商品選択ルールの確立

『戦略的』に行う場合は、『商品選択ルール』を確立する必要があります。毎回『同じルール』で選ぶことで、『労働効率』や『成約率』を高めることが出来るからです。

まずは『ルール』を作り、毎回『ルール通り』に選ぶことからスタートします。もし、『ルール通り』にやって、『売れない』場合は、『条件』や『基準』を、少しずつ『調整』していきます

できたての『ルール』は、精度が低いため、最初は『売れない』ことも多いです。しかし、『調整』を続けることで、最終的には、『精度』の高い、『高成約のルール』が完成します

『商品選択ルール』は

  • 商品選択ルール ⇒ 実行(検証) ⇒ 調整 ⇒ 成約率アップ

『実行』と『調整』を重ねながら、『精度』を高めていくものです。

なので、じっくり『時間』を掛けて、『ルール』を作る必要があります。特に、売れる商品の『選考基準』は、慎重に決める必要があります。

売れる商品の選考基準

『売れる商品』を選ぶには、『選考基準』がとても重要です。なぜなら、『選考基準』が甘いと、『売れない商品』を選んでしまうからです

ちなみに、ハヤテはここ数年、『選んだ商品』で売れなかった物はありません。どれも、『放置運営』の状態で、『安定』して売れ続けています。これは、『精度の高い』ルールで、厳しく『商品選考』をしているからです

『商品選考』の際には、『1次』から『3次』まで行っており、1次では沢山あった商品も、最終的には1つ。場合によっては、1つも残らない場合もあります。

これは、『売れる』可能性が高くても、少しでも『不安要素』があれば、全て『除外』しているからです

『売れる可能性』はどんな商品にもあるため

  • 50% ⇒ 紹介しないと分からない(完全に運任せ)
  • 80% ⇒ 売れる可能性は高い(少し不安要素がある)
  • 99% ⇒ ほぼ確実に売れる(戦略的な商品選択)

『厳しい選考』が必要になります。

『売れる可能性』があっても『除外』するのは、全ての『運の要素』を排除し、あとで『無駄な労働』をしないためです。ここまで『厳しく選考』すれば、高い確率で『高成約』の商品が選択できます。

ただ、ハヤテ自身も初期のころは、ちょっとでも『売れる要素』があれば、一発で選んでいました。『売れる商品』を見付けることは出来ましたが、逆に『売れない商品』も、数えきれないほど引いていました。

数多くの『失敗』と『無駄』を経験した結果、『妥協』せずに『売れる商品』だけを選んだほうが、後々『楽』になる。この『事実』に気付きました。

『甘い選考』をすると

  • 甘い選考  ⇒ すぐに見つかる  ⇒ 売れないことも多い(やり直し)
  • 厳しい選考 ⇒ 中々見つからない ⇒ ほぼ確実に売れる(1回で成功)

『やり直し』で、あとで『時間』と『労力』が掛かる場合が多いです。

『商品選択』は、絶対に『妥協しない』ことが大切です。そのためにも、『厳しい選考基準』が必要になります。

ルール改善による結果の改善

『商品選択ルール』を使っていれば、いくらでも『改善』や『効率化』が可能です。『ルール』を改善するから、『結果』も改善される。『よい結果』とは、『改善』の積み重ねにより、発生するものです

しかし、毎回『適当』に選んでいると、『同じ失敗』を何度も繰り返し、『改善』や『効率化』もできません

『商品選択ルール』がないと

  • ルール不使用 ⇒ 改善不可 ⇒ 無駄な労働・低成約
  • ルール使用  ⇒ 改善可能 ⇒ 労働の効率化・高成約

『ルール』の改善ができないため、『結果』も改善できないのです。

『無駄な労働』の多さや、『成約率』の低さは、後々になって、自分自身に『大きな負担』として返ってきます

そのため、長期的な『安定収入』や『労働の効率化』を目指す場合。最初に苦労してでも、『ルール』を作り、『戦略的』に商品選択をする必要があります

『長期的な視野』で見ると

  • 非戦略的な商品選択 ⇒ 最初は楽  ⇒ あとで苦労する
  • 戦略的な商品選択  ⇒ 最初は大変 ⇒ あとで楽になる

『苦労』を、『先』にするか『後』にするかの違いです。

もし、いくら記事を書いても、なかなか商品が売れない。一時は売れても、すぐ売れなくなる。これらの場合は、『商品選択』の方法に、『問題がある』可能性が高いです

『記事を書く』ことも大切ですが、『商品選択』を間違えていると、どんなに頑張っても、商品は売れません。しっかりと『準備』を整えてから行う、『戦略的な商品選択』を心掛けてください。