アフィリエイトってどうやって学べばいいの?3つのタイプ別学習法と成功ルートの見つけ方

『アフィリエイト』の『学び方』は色々あり、どれを選んでも構いません。なぜなら、『どの方法』を選んでも、『成功』は出来るからです

でも『どんな方法があるか良く分からない』『自分にはどの方法が向いているのだろう?』と、悩んでいる人もいるかと思います。

そこで今回は、『自分に合った3つの学習法と、成功ルートの見つけ方』について、分かりやすく説明していきます。

3つの学習タイプ

『アフィリエイト』の『学習法』は、自分に『合う方法』を選ぶことが大切です。なぜなら、『合わない方法』をやると、途中で『投げ出す』場合が多いからです

そのため、どの方法が『優れている』かよりも、どの方法が自分に『合っているか』が、最も重要になります。どんなに『優れた方法』でも、『合わない』と上手くは行きません

自分に『合う方法』とは

  • 性格  ⇒ やる気が出る・安心感がある
  • 価値観 ⇒ 自分の目指す未来像や理想に合っている

『技術的』よりも、『精神的』に合っている方法です。

自分に『合う方法』は、『性格』や『価値観』で決まります。今現在の、『技術』や『経験』は、関係ないことです。なので、『初心者』や『経験者』の区別は、必要ありません。

『技術』や『経験』は、すぐに『成長』しますが、『性格』や『価値観』は、そうそう『変わらない』ものです。そのため、『技術』だけで判断すると、『合わない方法』を選ぶことが多いです

なお、『学習法』を大きく分けると

  • 完全独学
  • 教材・塾
  • コンサル(メンター)

この3つがあります。

完全独学でやる方法

『完全独学』とは、『自力』だけでやる方法です。『最小限の情報』だけを得て、あとは、『自分』で全てを考え、『研究』と『実験』をしながら進めていきます

誰からも『教わらない』ため、1から10まで、全て『自分で考える』必要があります。また、『手探り』で進むため、非常に『失敗』が多いです。そのため、『失敗』に耐えられる、『強い精神力』が必要です

『完全独学』でやる場合は

  • 思考力 ⇒ 何でも考えられる思考力
  • 意思力 ⇒ 何でも1人でやり切る強い意志
  • 精神力 ⇒ 何度失敗しても折れない強い精神力

これらの『能力』が、かなり『高いレベル』で必要になります。

ハヤテは、この『完全独学』の方法で、アフィリエイトを習得しました。始めた『2010年』当時は、今ほど情報がなかったのもありますが、単に『教材』などの存在を知らなかったのです。そのため、『手法』から自分で作り上げました

『手探り』のため、日々『実験』と『失敗』の繰り返し。何をやるにも、まずは『調査』から。『基本的』なことさえ、膨大な『時間』と『労力』が掛かります

『完全独学』は

  • 人に教わるのが嫌い
  • 人と同じことはやりたくない
  • 何でも自分の思い通りにやりたい

『一匹狼タイプ』の人に向いた方法です。

もし、上手く行けば、自分で『教材』を作ったり、人に『指導』したりできるレベルになります。また、何でも自分1人で出来る、『上級者レベル』の技術が身につきます

昔は『完全独学』でやっていた人もいましたが、『情報が多い』今は、まずやる人はいません。『人から教わる』場合の、『十倍以上』の時間と労力が掛かることは、『覚悟』しておいたほうがいいです。

教材や塾で学ぶ方法

『教材』で学ぶのは、『テキスト』などで学習する方法です。入手も簡単で、『手軽』に情報が得られるのが特徴です

『基本的』な情報は、『教材』から得られるため、自分で調べたり考えたりは、あまり必要ありません。ただし、『教材』で学ぶ場合も、『一定の能力』がないと上手く行きません

『教材』での学習は

  • 読解力 ⇒ 教材の内容を理解する力
  • 行動力 ⇒ 教材の内容を実行する力
  • 継続力 ⇒ やり続ける力(やる気)

これらの『能力』が必要です。

『読解力』は非常に重要で、『結果』に大きく影響します。『同じ教材』を使っても、人により『結果』が違うのは、『読解力』による、『理解度』の差です

『教材』は、100%製作者の『指示』に従うため、『正しく理解』する必要があります。そのため、製作者の『意図』を、『正確』に読み取る、『読解力』が必須です

また、最初から『情報』や『手法』が用意されていても、『行動』できないと意味がありません。どの『学習法』を選んでも、『行動力』は絶対に必要です。

『教材』での学習は

  • 誰かに教わりたい
  • 皆と同じ方法をやりたい
  • 全て決まった通りに動きたい

『決まったルート』を進みたい人に向いた方法です。

正しく『理解』し、忠実に『再現』できれば、上手く行きます。また、一通り習得すれば、『中級者レベル』の技術が身につきます

『教材』は簡単に手に入るため、最も多くの人が選ぶ『学習法』です。しかし、『読解力』や『行動力』が足りず、『ノウハウコレクター』になる人も多いので、注意が必要です。

コンサルで学ぶ方法

『コンサル』で学ぶのは、『メンター』(師匠)に教わることで、最近はこの方法を選択する人も増えてきました。なぜなら、自分に『合った方法』で、『個別』に指導してもらえるからです

『教材』は、『不特定多数』に向けて作ってあります。そのため、知りたい知識が『抜けている』部分があったり、レベルが『合わない』場合も多いです

しかし、『コンサル』は、『知りたいこと』や『分からないこと』は、何でも『相談』できます。また、自分の『レベル』や『性格』に合わせ、『指導』してもらえます。これが、『マニュアル学習』と『個別指導』の違いです。

『コンサル』での学習は

  • 質問力
  • 信頼力
  • 行動力

これらの『能力』が必要になります。

『質問力』は、自分の『疑問』や『悩み』を把握し、『メンター』に、適時『相談』する力です。自分の『状況』を伝えたり『質問』できないと、『メンター』がいる意味がありません。

また、『信頼力』は、メンターの『アドバイス』を信じ、その通りに『実行』する力です。『独学』や『教材』の場合は、『自分の力』を信じればいいですが、コンサルは『メンター』を信じる、『信頼力』が必要です。

『信頼関係』を作り、しっかり『質問』できれば、これほど『心強い』ものはありません。『技術的』な指導だけではなく、『心の支え』や、自分の進むべき『目標』にもなるからです

『コンサル』での学習は

  • メンターが欲しい
  • 個人指導を受けたい
  • コミュニケーションをしながら学びたい

『指導者が欲しい』人に向いた方法です。

『コミュニケーション』がある『学習法』は、『コンサル』だけ。『教材』でも、たまに『懇親会』などをやる場合もありますが、基本は『個人学習』です。また、『教材』の場合は、『販売者』と『購入者』の関係に過ぎません

一方、『コンサル』の場合は、『師弟』という、近しい『人間関係』になります。『個人』で頑張るなら、『独学』か『教材』がベスト。『コミュニケーション』を取りながら学びたければ、『コンサル』が向いています。

『懇親会』などで話を聴くと、最近は『メンター』のいる人が結構多いです。『教材』とは違い、『生きた知識』が学べるのもありますが、やはり『精神的な支え』が大きいようです。

自分だけの成功ルートを見つけ出す

『アフィリエイト』で成功するには、どんな『手法』を使うかよりも、どんな『学習法』で進めるかが重要です。なぜなら、『手法』はただの『道具』で、『手法』を使いこなすのは、『学習法』だからです

よく、『知識』や『手法』だけ学んで、『行動』が全くできていない人がいます。これは、『よい道具を手に入れれば上手くいく』と、勘違いしているからです。

アフィリエイトで『成功する』には

  • 知識を学ぶ(学習)
  • 知識を実践する(行動)
  • 実践結果の検証(思考)

この3つを『ワンセット』で行う必要があります。

どんな『手法』や『学習法』を使っても、この3つは『必須』です。いくら『知識』を得ても、『行動』しないと、先には進めません

ただ、『行動』ができないのは、『選ぶ基準』を間違え、学習法が『合っていない』可能性があります。

行動できる学習法を選ぶ

『手法』や『学習法』は、『難易度』や『利益率』だけで選ぶものではありません。なぜなら、どんなに『簡単』で『利益率』が高くても、『行動』できないと、全く『意味がない』からです

『方法を選ぶ』際は、自分が『行動できる』ことが、最も大事な『条件』になります。『行動』さえできれば、『成功への道』は自然に開いて行くからです

よく『教材』を次々に、『乗り換える』人を見かけます。しかし、いくら『教材』を変えても、『学習法』が同じだと、『結果』はほとんど変わりません

教材により『手法』は違いますが

  • 教材A ⇒ 教材学習
  • 教材B ⇒ 教材学習
  • 教材C ⇒ 教材学習

『学習法』は同じです。

『学習法』が全く同じなので、『合わない』人は永遠に合わない、『無限ループ』になってしまいます。そのため、『結果』を変えるには、『手法』ではなく、『学習法』を変える必要があります

あと、『教材』と『塾』は『同じ学習法』なので、『勘違い』しないよう、『注意』が必要です。『勉強会』という名の、皆で集まって教材の読み合わせ。『懇親会』という名の、飲み会。『塾』は平たく言うと、『教材+飲み会』です。

『教材』も『塾』も、『画一的』な方法なので、自分がその方法に『合わせる』必要があります。『不特定多数』に向けて作ってあるので、『合わない』ことのほうが多いです

『学習法』によって

  • 教材・塾 ⇒ 自分が教材に合わせる
  • 完全独学 ⇒ 自分に合った方法を作る
  • コンサル ⇒ 自分に合った方法で教えてもらう

『合わせ方』が違います。

もし、自分の『理想の方法』を見つけるなら、いっそ『独学』で、自分で『手法』を作ってしまうのも、1つの手です。もしくは、『コンサル』などで『メンター』を見つけ、自分に『合った方法』で、『教えてもらう』のが確実です

いずれにせよ、『同じ学習法』にこだわっている限り、自分に『合う方法』は、なかなか見つかりません。

成功のきっかけを見つけ出す

『成功』は、必ずしも『手法』から生まれるものでは有りません。何らかの『きっかけ』から、『成功につながる』場合もあるからです

実際に、成功している人たちに話をきくと、『○○がきっかけで、上手くいくようになった』という人が多いです。『手法』の話をする人は、あまりいません。

成功の『きっかけ』とは

  • 初報酬
  • ひらめき
  • ブログ記事
  • 人と出会う

色々なものがあります。

ただ、話を聴いた中で多いのが、『○○さんと出会った』という人が、結構多いです。つまり、誰かに出会い『刺激』を受け、『考え方』が変わる、『きっかけ』になったのです

『メンター』の関係ではなく、自分で勝手に決めた『目標の人』の場合もあります。ただ、『メンター』と同じで、自分の『やる気』や『心の支え』など、『行動の原動力』になっています

『メンター』以外でも

  • 心の師匠
  • 目標にする人
  • 負けたくないライバル

『行動の原動力』になるのは、『人』の場合が多いです。

ハヤテは、『完全独学』でやってきたので、『メンター』はいませんし、手法は『自力』で作りました。しかし、『心の師匠』と呼べる人は、何人かいます。やはり、どんな『学習法』でも、『目標』になる人は必要です

『教材』は、手に入れやすく、『必要な情報』も、ほぼ書かれています。ただ、『刺激』を受けたり、『考え方』が変わるほどの、『影響力』や『原動力』はありません

『教材』と『人』とでは

  • 教材 ⇒ やり方や手法が分かる・やる気や考え方は自分しだい
  • 人  ⇒ 考え方や価値観が変わる・やる気や勇気を分けてもらえる

『学べるもの』が違います。

『教材』はあくまで『物』なので、『情報』以外は与えてくれません。しかし、人は、『価値観』や『人生』が変わるような、『精神的な学び』を、与えてくれることが多いです

情報からは学べない成功者の考え方

『成功』している人は、『考え方』が深く、『濃い人生』を生きてきています。なぜなら、数々の『失敗』や『苦労』を、『乗り越えて』きているからです

多くの人は、成功した人の『成功体験』を注目しますが、『失敗経験』のほうが、はるかに重要になります。『成功のしかた』は人それぞれですが、『失敗』と『苦労』は、誰もが『同じ道』を通るからです。

そのため、成功者が、どんな『考え方』で行動してきたのか。どうやって『乗り越えた』のか。これを知ることが、成功の『きっかけ』になる場合が多いです

『人』から学ぶのは

  • 成功体験 ⇒ 成功者の一部分・成功の過程で使った手法(情報)
  • 失敗経験 ⇒ 成功者の基礎部分・失敗の乗り越え方(考え方)

『情報』だけではなく、『考え方』も大切です。

上手く行かない人ほど、『情報』を追いかける傾向があります。そのため、得た情報を、どう『使う』のか、障害をどう『乗り越えて』いくのか。『行動のしかた』が、『見えていない』場合が多いです

成功の『きっかけ』を得るには、誰かを『目標』にしたり、『心の師匠』にする。もしくは、『コンサル』などで、『メンター』になってもらうなど。『情報』だけではなく、『人』にも目を向け、『行動のしかた』を学んだほうがいいです

『情報』や『手法』は必要ですが、ただの『道具』に過ぎません。やはり、『きっかけ』や『導き』になるのは、『人』の場合が多いです

どんな『きっかけ』で、『やる気』を奮い立たせるかは、人それぞれです。しかし、『きっかけ』は、成功への大きな『原動力』になります。是非、『きっかけ』を得て、自分だけの『成功ルート』を、見つけ出してください。